2017/04/26

​​​​​火災における鎮圧と鎮火の定義、違いとは

火災における「鎮圧」と「鎮火」の違いは、火が完全に消えているか消えていないかです。

大規模火災が発生した際、テレビ報道等でこれらの言葉を聞くけれども、鎮圧と鎮火の違いがわからないという方も多いと思います。 簡単に言うと、鎮圧は未だ火が完全に消えてはいない、鎮火は火が完全に消えている状態であり、順番としては下記となります。

火災発生→消火活動→火災鎮圧鎮火

また、しっかりとした定義は下記となります。

火災鎮圧とは

火災鎮圧とは火勢が消防隊の制御下に入り、拡大の危険がなくなったことを現場最高指揮者が認定したときの状態。 延焼の恐れはなくなっているが、まだ火が燻っている。

鎮火とは

鎮火とは現場最高指揮者が再燃のおそれがないと認定したときの状態。 完全に火の気や煙のない状況。(鎮火時間=撤収時間)

0 件のコメント:

コメントを投稿